うっぴーな鉄ちゃんのblog(uppi_natettyanのblog:サブブログ)

このブログでは、旧yahooブログ「うっぴ〜な鉄ちゃん(https://blogs.yahoo.co.jp/upp_natettyan)」から記事を移行しています。なお、現在のブログ(http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/)記事を補足するサブブログとしても運用していく予定です・・・

【解説編】今年で60回、鉄道友の会「ローレル賞」5

1960年、鉄道友の会が「ブルーリボン賞」に続くかたちで鉄道車両に対し設定したのが『ローレル賞』である。この記事では鉄道友の会が設定した「ブルーリボン賞」と「ローレル賞」について紹介・解説する。
C41DE026-D9DA-45D2-BF74-8B1F3A250734
※この記事は「2020年鉄道友の会ブルーリボン賞・ローレル賞」関連記事の補足・解説記事として使用する予定の記事です。該当する記事については今後情報が入り次第記事化する予定です。

【ブルーリボン賞:元は『SE』のために設定された】
「ブルーリボン賞」は1958年に制定された鉄道車両に対する賞で、第1回受賞車両である小田急3000形「SE」以外は「鉄道友の会」会員の投票によって選出されている。
(ちなみに、小田急3000形「SE」は当時の狭軌最高速度を叩き出したことなどから「ブルーリボン賞の制度創設に貢献した車両」として鉄道友の会理事会が受賞を認定した)

【ローレル賞:元は「通勤型車両」のための賞だった】 
「ローレル賞」は、ブルーリボン賞受賞車両が各社の看板となる「特急型」車両に偏る傾向にあり、「技術面・先進性」で評価されるべき車両を評価するために創設された。そのため、初期の受賞車両は特急型よりもあまり目立たない「通勤型・近郊型」に集中していた。

現在では「ブルーリボン賞」の受賞候補となる車両から数車種を選出するかたちで「ローレル賞」が授与される。


【特筆摺べき『ブルーリボン賞』『ローレル賞』受賞車両】
[東海道新幹線:各車両]
・ブルーリボン賞:0系・500系・N700系
・ローレル賞:100系・300系・ 700系
世界初の高速鉄道「SHINKANSEN」こと「東海道新幹線」、この線路を走った営業用車両はすべて「ブルーリボン賞・ローレル賞」のいずれかを受賞している。
(ローレル賞受賞車両については、いずれも別の特急型車両が「ブルーリボン賞」を受賞しているため)
C852F947-EB20-4BF9-AA9F-D35F4758F6F5
JR西日本・JR東海が開発した700系、JR西日本では16両編成とともに「RailStar」として8両編成も導入した。2020年3月に東海地区からは姿を消すことが決まっている。

[小田急電鉄:「EXE」以外の『小田急ロマンスカー』]
・ブルーリボン賞:SE・NSE・LSE・HiSE・RSE・VSE・MSE・GSE
小田急電鉄の特急型電車「ロマンスカー」は、ブルーリボン賞の常連として知られ、「小田急ロマンスカー」がノミネートされた年は必ずと言っていいほどに『ブルーリボン賞』を受賞している。
(「EXE」も一般投票では最多得票を得ていたが、集計結果が「該当なし」票が上回ったとしてこの年のブルーリボン賞は選定されなかった。ただし、ローレル賞はJR北海道の「731系(JR北海道初の本格的な通勤型電車で、同時開発されたキハ201系と協調運転を行うことができる)」が受賞している。
D5010E24-D407-47D2-82D5-9F5866395E4A
小田急電鉄「ロマンスカー」、鉄道ファンの評価が低かったと言われている「EXE」だが、分割併合機構の搭載、一般型車両と同じ規格で作られたことによる定員増加などから「通勤・観光」2つの利用目的に対応した列車として「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞している。

[阪急2000系:現役最古の受賞車両]
・ローレル賞:2000系・2300系
・ブルーリボン賞:6300系
ローレル賞の制度は1961年に制定され、2020年で制定60周年を迎える。記念すべき第1回の受賞車両は「京阪神急行電鉄2000系・2300系」、この2形式のうち「2000系」の方は「ローレル賞」の創設60周年を迎えた2020年現在も『現役』で走っている。
ちなみに、ブルーリボン賞受賞車両でも「旅客を乗せて営業運転を行なっている」現役最古の受賞車両も阪急電鉄で現役である。(受賞車両で現役最古の車両(貨物用になっているものを含む)はEF66形電気機関車で、国鉄継承車で現役最後の1両である「EF66-27」が該当している)
F62004D1-835F-4501-BD2E-85ED97CB7E48
121D4FF0-7341-4DA9-BAD6-9E0C6A001F69
阪急2000系(現在の能勢電鉄1700系)と6300系。
その中でも「1734」と「1784」、「1737」の3両は1960年製でこのグループ最古参の車両である。
能勢電鉄1754編成の「1734」号は登場当時「2000」を名乗っており「Wikipediaの阪急2000系」のページにはこの車両につけられていた「ローレル賞記念プレート」の写真が掲載されている。
6300系は嵐山線用の3編成と観光特急「京とれいん」用の1編成が現役、仮に「EF66-27」が引退した場合は「ブルーリボン賞・ローレル賞」現役最古参(他社譲渡されていない・譲渡車でも同一グループ所属の場合)がともに「アルナ製・阪急車両」という状態になる。(ちなみに、ブルーリボン賞受賞車両で現役最古参(グループ外譲渡車も含む場合)は西武5000系→富山地方鉄道16010形となる)

[名鉄6000系:通勤型電車が初めてブルーリボン賞を受賞]
・ブルーリボン賞:7000系・キハ8000系・6000系・8800系
・ローレル賞:モ600形・100系・モ800形・2000系
CF93FBE3-A95A-4897-A430-B57E9C13544F
阪急6300系は「両開きドアを採用した初のブルーリボン賞受賞車両」であるのに対し純粋な『通勤型』車両では名古屋鉄道6000系が初受賞となった。同形式は従来の2ドア車両に代わり「通勤通学」に向いた3ドア車両として設計され、今の名鉄車両の基礎を作り上げた。名鉄の「ローレル賞」受賞車両には路面電車規格の車両も含まれており、このうちモ800形は路面電車区間の廃止後に豊橋鉄道・福井鉄道に譲渡されている(現在は製造された3両すべてが豊橋鉄道に在籍)。

【2020年3月ダイヤ改正:解説編】JR四国「志国土佐 時代の夜明けものがたり」4

JR四国では、2020年4月18日より新たな観光列車「志国土佐 時代(とき)の夜明けものがたり」の運転を開始する。この列車では運転時間帯により提供される食事等のサービスが変化する予定で、それぞれ「立志の抄」「開花の抄」と名付けられる。
5D23622E-A9A9-4098-8598-A1992B586797

[コンセプト]
・立志の抄(高知駅→土佐久礼駅・窪川駅:休日・7月以降の金曜昼間運転)
立志の抄、この列車は土佐が誇る幕末の偉人、坂本龍馬が『志』をもって土佐を旅立つ様子をイメージしており、四国内外から来た旅行客が最も利用しやすい時間帯に運転される。

・開花の抄(窪川駅・土佐久礼駅→高知駅:休日・7月以降の金曜夕方運転)
開花の抄、「日本の夜明け」文明開化とともに「立志」の対義語で偉業を成し遂げ凱旋する様子をイメージしたこの列車は、酒と食事を楽しみながら利用する事をコンセプトとしつつ、『土佐流のおもてなし』を提供する列車となっています。

[列車・サービス]
この列車は2両編成、それぞれにコンセプトがあり1号車は19世紀の蒸気船をイメージした「KUROFUNE」、2号車は現代・近未来のロケットをイメージした「SORAFUNE」と名付けられる。
77CF263F-1676-4EA0-A159-CEE3DD8EAEA5

 
F96C1EEC-C488-4122-8AB8-E72D6B79DD8A
車両は全席グリーン車指定席で、1号車「KUROFUNE」はグループ席(定員4名)4つと1名から利用可能でテーブルを囲むように配置された「高知家の団らんシート(定員12名)」の定員28名、2号車「SORAFUNE」は眺望を重視し窓側にむかって配置された19席(+車椅子席1席)が配置、団体貸切列車として運転する場合には要望に応じて「2両とも対面型、2両とも窓向き、1号車を窓向き・2号車を対面型」といった比較的自由に座席配置を設定することができる。
1号車には観光ガイド席が、2号車には物産や飲食物の購入も可能なカウンターを備えており、特に「開花の抄」では停車駅において地元の方々との交流も積極的に行うなど『土佐流のおもてなし』の実現を図っています。


[食事]
車内で提供される食事サービスは、昼食時間帯に運転される「立志の抄」と夕食時間帯に運転される「開花の抄」で異なるメニューを提供しており、「立志の抄」では土佐の郷土料理「皿鉢料理」をイメージした創作洋風料理が提供され、「開花の抄」では沿線各地の『自慢の逸品』を各駅で積み込み提供される。
・立志の抄『土佐の食材を使った創作洋風料理~皿鉢風~』
・開花の抄『高知家満喫 “土佐流のおもてなし”コース』

[料金]
料金は従来の「ものがたり」シリーズと同じくグリーン車指定席の特急料金が適用され、発売についてもJR特急同様に乗車日の1ヶ月前、10時00分から発売される。なお、食事サービスについては提供量を調整する関係上乗車日の4日前までに予約する必要がある。(両コースともに1名あたり税込5000円です)

この記事で解説している内容(JR四国ダイヤ改正)

2020年3月ダイヤ改正記事一覧:http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/daiya_2020SPRING
 

【2020年3月ダイヤ改正:解説編】WEST EXPRESS 銀河4

2020年3月ダイヤ改正・・・ではなく「ダイヤ改正のその後」に運転される新列車「WEST EXPRESS 銀河」について解説します。

『WEST EXPRESS 銀河』は、JR西日本が「Twilight Express MIZUKAZE」に続く新たな長距離観光列車として2018年4月に発表されたJR西日本の中期経営計画で正式に発表された。
「Twilight Express MIZUKAZE」が周遊型の『豪華寝台列車』であるのに対し、『WEST EXPRESS 銀河』は京阪神エリアから山陽・山陰へ直通する『長距離観光特急』となっている。

・イメージ
FA3CFCDD-3952-430E-8B8E-77FA995D03E6
使用車両は117系6両編成、前面種別幕は埋め込まれており『銀河』のヘッドマークが新たに取り付けられます。車体色は美しい空・海をイメージした「瑠璃紺色」1色の塗装となっています。
242BB20E-7282-4C9B-9363-16880F803227
※通常塗装は、現在存在している塗装として原色(JR東海:リニア・鉄道館所蔵)、京都地域色(JR西日本:吹田総合車両所京都支所)、山陽地域色(JR西日本:岡山電車区)の3色があり、現在は京都・滋賀エリア(湖西線・草津線)と岡山地区(山陽本線・赤穂線)で使用されている。
 
車両構成は1号車が「グリーン車指定席(ファーストシート)」、2号車が「普通車指定席(女性専用)・普通車指定席(クシェット:女性専用)」、3号車が「普通車指定席・普通車指定席(コンパートメント:ファミリーキャビン)・フリースペース(明星)」、4号車が「フリースペース(遊星)」、5号車が「普通車指定席(クシェット)」、6号車が「グリーン個室(プレミアルーム)・フリースペース(彗星)」となっており、団体貸切列車である「Twilight Express MIZUKAZE」とは異なり全ての座席で当日空きがあれば「みどりの窓口・みどりの券売機」で乗車券を購入することができる(予約についてもJR各社の乗車券に関する規則に基づいて販売される)。

・1号車:ファーストシート(グリーン車指定席)
2E77584A-0B1A-464F-8E00-7C6E4CB63C7C
1号車「ファーストシート」は16席の1人がけ固定ボックスシートが並んでいるが、実はこの車両の定員は8名。向かい合う2つの座席を一人で使用することにより広々とした空間を確保することができるほか、この座席は背もたれを倒すことにより1つのベッドを作ることができる「プルマン式寝台」構造を採用している。これによりある程度のプライバシーを確保しつつ足を延ばすことも可能である。

・2号車:クシェット(女性専用車)
18A27770-5734-45BA-B5AE-E6F6044E6850
2号車は「クシェット」と通常のリクライニングシート(普通車指定席)の合造車で、この車両最大の特徴は車両全体が女性の乗客専用となっていることにある。下関・出雲市方デッキ部分には女性用トイレと化粧室が備えられており、男性乗客の目を気にすることなく降車前にメイクを行うことが可能となっています。

・3号車:ファミリーキャビン(普通車個室)・明星
0E4B6FE0-EC09-48EE-A6A6-3034DF2D20D4
3号車は通常のリクライニングシート主体の客室で、グループで利用できる個室「ファミリーキャビン」と読書室のような落ち着いた雰囲気のフリースペース「明星」が備えられている。
リクライニングシートは683系などに設置されている「グリーン車」並のシートピッチを確保、足元がゆったりとした開放的な造りとなる。
「ファミリーキャビン」は、 床がフローリングとなっており、床でゴロンと横になるのもよし、シートで横になるのもよし、シートを広げて横になるのもよしとさまざまな利用方法を提供しています。

・4号車:遊星
304BDDDC-F471-4894-A45E-9153FF8D827A
4号車「遊星」は1両まるごとフリースペースとなっており、車内で思い思いの時間を過ごすことができます。特にこの列車では長時間の乗車を見込みしており、この車両では軽食・飲料等や特産品の販売など「おもてなし」のサービスを行うことが想定されている。
 
・5号車:クシェット(ノビノビ座席)
124AD31D-33C1-4168-8661-BDE51BDB7AAA
5号車「クシェット」では2段式の開放寝台のような座席を備えており、足を伸ばして利用することができる。 この車両には身障者対応座席が備えてあり、身障者対応トイレや幅の広い通路といった「車椅子など」でも利用しやすい工夫が備えられている。座席料金は「リクライニングシート」と同額なので昼行列車として乗車する際は「リクライニングシート」、夜行列車として乗車する場合は「クシェット」と乗車時間帯にあわせた座席のチョイスも可能と言えるだろう。

・6号車:プレミアルーム(グリーン個室)・彗星
D1FE11BC-9E64-44CA-87AA-211F4FA0C2B7
6号車は2名用個室4室と1名用個室1室の5室とフリースペース「彗星」で構成、グリーン個室では「ファミリーキャビン」以上のプライバシーが確保されており、室内自体を台形とすることで室内の窮屈さを感じることなくゆったりと利用することができる。ベンチの背もたれを倒すことでフルフラットシートを作ることができ、「ファミリーキャビン」や「クシェット」、「ファーストシート」同様に横になることも可能。「彗星」では運転室直後であることを生かし流れる景色を楽しむことができる。

【大まかな車両データ】
C8684320-1A93-4E2F-B65E-68C972196A99
 ※身障者対応席部分の形態により5号車の定員は18名〜20名となる
 
画像:117系実物の画像以外は全てJR西日本公式プレスリリースより抜粋
車両データ:JR西日本の公式プレスリリースの情報を基に算出

2020年3月ダイヤ改正記事一覧:http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/daiya_2020SPRING

本記事が補足する記事:http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/archives/21279493.html(JR西日本:中国エリア)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-3)
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-2)
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-1)
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅