うっぴーな鉄ちゃんのblog(uppi_natettyanのblog:サブブログ)

このブログでは、旧yahooブログ「うっぴ〜な鉄ちゃん(https://blogs.yahoo.co.jp/upp_natettyan)」から記事を移行しています。なお、現在のブログ(http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/)記事を補足するサブブログとしても運用していく予定です・・・

March 2018

【JR西日本】三江線、最後の日。

2018年3月31日、JR西日本、広島県の三次駅~島根県の江津駅を結ぶ「三江線」が最後の営業日を迎えその歴史に幕を下ろしました。

JR三江線は1930年、江の川に沿う形で三次~江津を結ぶ路線として江津~川戸間が開業し、三次側、江津側から延伸が進み1975年に全線が開通しました。
しかし、全線開通時点でモータリゼーションが進んでおり、「代替バスを走らせるための道路整備が進んでいない」ことを理由に廃線は行われず、さらに災害で不通になっても必ず復旧されてきました。


◆路線基本データ◆
路線名:三江線(さんこうせん)
駅数:35(三次駅・江津駅含む)
軌間/閉塞/保安システム:1067mm/特殊自動閉塞/ATS-SW
車両:キハ120(浜田鉄道部)
イメージ 1
JRおでかけネットより、三江線入りの路線図もこれがラスト。

この記事について、合計11本(+その後2本)のTwitterモーメントを作成しています。Twitterモーメント史上最大規模レベルの長さとなり、大量のツイートや動画、画像が掲載されていますのでWi-Fi環境下、有線回線でご覧ください。
ここまでは、時系列ごとに紹介。
ここからは、主な駅ごとに最終列車などを紹介。


本当の最終列車が浜原駅→江津駅で運行され、浜原駅に到着した4両が三江線から脱出しました。
モーメントURL

そして・・・
「廃線」後の三江線各地の様子もまとめました。
モーメントURL

イメージ 2
そうか・・・、三江線は皆様にも「猪」にも愛されたのか・・・。

【鈍行で行く】第19回、茨城へ。

取手からは交流電化区間に突入、この区間ではE531系(普通列車)とE657系(特急)が主力となります。
イメージ 1
イメージ 2
JRE常磐線普通339M(取手→水戸)クハE531-5004・4(前者土浦まで、後者土浦から)
土浦で切り離しを行う常磐線普通列車です。水戸駅の次(勝田:車両基地がある)まで走行しています。

others photos 
イメージ 3
取手から先は常磐線だけでなく関東鉄道常総線が分岐、守谷方面へと伸びています。近郊型電車のような3ドア編成が走っています。
イメージ 4
土浦ではEH500を目撃、常磐線は現在、富岡~浪江間が災害のため不通となっている。JR東日本は2020年3月末までに全線開通を目指して復旧工事が進めている。活気が戻るのもそう遠くはないであろう。

次回は水戸駅から、JRを少し離れて海沿いへと向かいます。
次回記事:準備中

OSAKA CITY SUBWAY FOREVER.

1933年5月20日、日本初の公営地下鉄として産声をあげた大阪市営地下鉄。その85年の歴史に、1903年に市電が開業してから115年に及ぶ大阪の公営交通の歴史がきょう、その幕を閉じる。そしてあす、「OSAKA METRO」が大阪市営地下鉄の後を継いで産声をあげる。
イメージ 1
大阪市営地下鉄のシンボルマーク「マルコ」1933年の御堂筋線「梅田~心斎橋」開業とともに地下鉄の歴史を見守ってきた。このマークも今日でお役御免となってしまう。
イメージ 2
イメージ 3
我々が大阪市営地下鉄に乗る際に必ず目にする「地下鉄のシンボルマーク」現在、マルコマークが消されたり大阪メトロのマークへの変更準備が進められたりと最期の時が近い。

大阪市営地下鉄は2018年4月1日、大阪メトロとして、大阪市営バスは大阪シティバスとしてそれぞれ新たな歴史を歩み始めます。

Bye-bye,Osaka city SUBWAY and Osaka Municipal Transportation Bureau.  And...
Nice to meet you for OSAKA METRO.

【鈍行で行く】第18回、新松戸で撮影。

新松戸駅には武蔵野線、常磐緩行線とともに流鉄線の駅(幸谷駅:新松戸駅と隣接してはいるが連絡駅ではない)があり、武蔵野線、常磐緩行線、常磐快速線(通過)、流鉄線の4路線の列車がやってくる。
○武蔵野線○
イメージ 1
イメージ 2
上の列車は府中本町行きの205系5000番台(M35編成と呼ばれる武蔵野線生え抜きの電車では唯一電動車がVVVF制御の5000番台で組成されている編成)、下の列車は「しもうさ号」と呼ばれる大宮行きの列車を担当する209系500番台の編成。武蔵野線生え抜きの205系は「武蔵野メルヘン」と呼ばれる京葉車両センター新製配置車両独特のスタイルとなり、武蔵野線車両には排障装置がない。この209系の編成(ケヨM71編成)は中央総武緩行線→京浜東北線→京葉線→武蔵野線と転属を繰り返してやってきた編成の一つです。

◉流鉄流山線◉
イメージ 4
イメージ 3
いずれも馬橋行きの電車です。流鉄は近年つくばエクスプレスの開業が痛手となった路線ではあるが、経営合理化や地元流山市の都市計画に合わせた活性化計画を模索している。上の編成は「あかぎ(由来:赤城山)」、下の編成は「流星」の愛称を持つ。いずれも元は西武新101系。

●常磐快速線・常磐緩行線●
イメージ 6
イメージ 5
上の編成は常磐緩行線(代々木上原行き)、下の編成は常磐快速線(上野行き)の列車。
上の列車(常磐緩行線)は取手~北千住~東京メトロ千代田線~代々木上原~小田急線方面まで走る列車がある路線で、小田急線の電車、東京メトロ千代田線の電車、JR常磐緩行線の電車とさまざまな電車が走行する。ちなみにこのときは東京メトロ千代田線の電車ばかりが走っていた。
下の快速線の電車は水戸方面へと向かう(青帯のE531系)と成田線方面へ向かう電車(青緑2色帯のE231系)の両方が走っている。
イメージ 7
以前紹介した和歌山線の105系クハ105形、実は彼もかつて常磐緩行線を走っていた電車なのだ。(鈍行で行く、第6回参照、この画像は初登場です)

イメージ 8
JRE常磐緩行線普通729S(新松戸→我孫子)東京メトロ16000系16017号
とりあえず先を急ぎます。
写真はありませんが(我孫子→取手)は常磐快速線快速781H、クハE231-104を利用しました。
次回は取手から、交流区間に突入です。

【鈍行で行く】第17回、2日目は・・・とりあえず松戸へ。

3月14日、東日本への旅も2日目となりました。
イメージ 1
JRE総武快速線快速563F(馬喰町→市川)クハE216-2007
「増1号車」、関西では殆ど見ることのない号車表記である。横須賀総武線の車両の付属編成はこのような表記になるという。
イメージ 2
JRE総武緩行線普通676B(市川→西船橋)クハE230-37
西船橋駅には快速線の電車は止まりません。そのため、緩行線の電車に乗り換えました。
イメージ 3
JRE武蔵野線普通714E(西船橋→新松戸)クハE231-9
武蔵野線ではE231系の導入が始まっており、MU31編成はその2編成目にあたります。E231系の導入により205系数編成がジャカルタ譲渡に向け武蔵野線を離れています。

others photos
イメージ 6
武蔵野線205系、こちらは5000番台と呼ばれるグループで、VVVF制御になっています。
イメージ 4
特急あずさ3号、千葉から長野方面へと向かう特急列車で、快速線を走りその後緩行線や中央快速線を通り大糸線南小谷へと向かう長距離ランナーです。
イメージ 5
新松戸駅のポスター、噂で聞いていましたがやっぱり阪急8000系(しかも飾り帯付きの登場時仕様)に阪神旧赤胴車の塗装。日常的に阪急を見ている人としては・・・。
イメージ 7
E231系900番台、登場当時は209系950番台を名乗っていた。

次回は新松戸から、半ば千代田線化している常磐緩行線から快速線へ、茨城方面へと向かいます。流鉄線や武蔵野線の他の車両も初登場です。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-3)
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-2)
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-1)
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅