うっぴーな鉄ちゃんのblog(uppi_natettyanのblog:サブブログ)

このブログでは、旧yahooブログ「うっぴ〜な鉄ちゃん(https://blogs.yahoo.co.jp/upp_natettyan)」から記事を移行しています。なお、現在のブログ(http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/)記事を補足するサブブログとしても運用していく予定です・・・

May 2018

【鈍行で行く】第41回:第2章のエンディング

長かった関東旅の投稿はこれでラストです。
イメージ 1
阪急宝塚線普通691列車(梅田→豊中)
次のダイヤ改正でどうなるかわからない梅田発の朝の豊中行きです。
イメージ 2
阪急宝塚線急行605列車(豊中→川西能勢口)
この旅のラストランナー。

関東旅はここまで、次回からは(岡山・高松)旅へと誘います。
次回記事▶準備中

【しなの鉄道】115系置き換え車両を発表。

長野県内で北陸新幹線の並行在来線を運行しているしなの鉄道は5月31日の取締役会後の記者発表で、製造から概ね40年が経過している115系の置き換えとしてE129系をベースとした新型車両を2020年度から順次導入することを発表した。

115系ははしなの鉄道の主力車両

イメージ 1
▲115系(写真はJR西日本:岡山電車区所属の車両)

115系は111系をベースに寒冷区間、急勾配区間での安定的な運行を目的に1963年~1983年まで約20年にわたり製造され続け国鉄近郊型=113系(111系をベースに出力を増強した形式)・115系という構図を生み出した。
しなの鉄道の115系は多くが1978年に製造された車両で製造から40年を経過しています。現在3両編成と2両編成合わせて22編成59両が在籍、そのうち1編成3両は観光列車「ろくもん」として運用されています。製造から40年を経過しているため車両故障が頻発していることや、他社(JR東日本高崎、新潟、長野地区・JR西日本岡山、広島、下関地区)の115系減少(特にJR東日本、JR西日本広島地区で著しく、岡山、下関地区でも今後新型車両導入の可能性がある)による予備部品供給の困難化により、安全な運行を確保するため新型車両への更新を行うことに。

新型車両はセミクロス座席編成23編成と可変座席編成3編成。

新型車両はJR東日本E129系をベースとした2両編成で、セミクロスシートの編成が23編成、西武「Sトレイン」、東武「TJライナー」、京王「京王ライナー」などで採用されている可変座席の編成が3編成となる予定。
可変座席編成は今後運行される予定の「有料ライナー(現在運行されている快速列車:しなのサンライズ、しなのサンセットの再有料化)」向けとなる予定です。

【鈍行で行く】第40回:夜行高速バス。

東京駅八重洲南口から大阪駅までは、深夜高速バスの旅となりました。
イメージ 2
JRバス関東昼行高速バス:東京マロニエ、佐野新都市行き
東京駅八重洲南口から佐野市の佐野プレミアムアウトレット最寄りのバスターミナル「佐野新都市」へと向かうバスです。

イメージ 1
JRバス関東夜行高速バス:ドリーム高知1号、高知はりまや橋行き
東京駅から高知市の中心部、はりまや橋へと向かう夜行高速バスです。

イメージ 4
京福バス:ドリーム福井1号、福井駅東口行き
京福バス(京福電気鉄道系列)が運行する「ドリーム号」です。

イメージ 5
都バス:東42甲系統、南千住車庫行き
通称「緑バス」とう呼ばれるバスです。これは最終バスの1本手前のバスでることを示しています。

イメージ 3
富士急行バス:富士駅、鷹岡車庫行き

イメージ 6
JRバス:プレミアムドリーム11号、京都駅、奈良駅経由王寺駅行き

イメージ 8
イメージ 7
西日本JRバス、JRバス関東:青春エコドリーム415号、大阪駅行き(東京駅八重洲口→大阪駅LUCUA下)
いわゆる「定期時刻表に載っていない夜行高速バス」。臨時便かつ続行便付きのこのバスで大阪への道を走ることになりました・・・。(実際の時刻表では「ドリーム415号」が掲載されていた)
※乗車したのは続行便(JRバス関東)です。 

次回は大阪(阪急梅田)から、関東旅の締めを、その次はJR川西池田駅から「第3章」が開幕します。
第42回▶準備中

【JR貨物】DD51国鉄色が消滅へ。

イメージ 1
JR貨物では、DF200型の愛知転属の影響により、JRの国鉄色DD51が数を減らしています。そんな中、JR貨物愛知機関区に残っていた最後の国鉄色DD51(DD51-835、DD51-1805)がEF64-1016と共に解体線に搬入され、5月28日の853号機から順次解体作業が始まっています。また、同区内では他のDD51(更新色)やEF64の一部でも区名札やナンバープレートの撤去が行われている車両もあり、今後解体車両が続出すると思われます。
なお、JR西日本とJR東日本が臨時客車列車(サロンカーなにわ、カシオペアクルーズほか)や工事臨時列車、配給輸送、お召し列車(1号編成、サロンカーなにわ、E655系ほか)等で使用しているDD51(国鉄色)は当面在籍したままになる予定。
 
(写真の機関車郡のうち、左端(神戸方)にいる機関車がDD51-853:2017年9月3日、愛知機関区構内、JR東海上り列車内より)

この車両に関する過去のブログ記事(2017年9月、名古屋遠征)

【能勢電鉄】110周年記念HM(画像入り)

こちらの記事で掲載を予告していた写真を掲載しました。
イメージ 1
イメージ 2
HMは2種類、c#1753とc#7200は60型と1700系のデザイン、c#1703とc#7250は1型と7200系がデザインされています。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-3)
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-2)
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-1)
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅