うっぴーな鉄ちゃんのblog(uppi_natettyanのblog:サブブログ)

このブログでは、旧yahooブログ「うっぴ〜な鉄ちゃん(https://blogs.yahoo.co.jp/upp_natettyan)」から記事を移行しています。なお、現在のブログ(http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/)記事を補足するサブブログとしても運用していく予定です・・・

November 2018

【阪急HM】阪急今津線:阪神ジュベナイルフィリーズ

阪急今津線では、12月9日に阪神競馬場で開催される中央競馬GⅠ競走「阪神ジュベナイルフィリーズ」の開催に合わせて告知ヘッドマークを掲出した列車を運行しています。運行期間は12月9日まで、12月10日からは「朝日杯フューチュリティステークス」の告知ヘッドマークに切り替えられる予定です。
イメージ 1
5000系5004編成、c#5004
イメージ 2
ヘッドマーク拡大図

【JR神戸線】2019年春から通勤利用者向け特急新設へ。

JR西日本は11月30日、JR神戸線で新たな特急列車サービスを開始すると発表しました。

列車概要

イメージ 1
列車名称:らくラクはりま RAKURAKU HARIMA
列車種別:通勤特急 Limted Express
運行区間:大阪駅~姫路駅 Osaka station~Himeji station
途中停車駅:大阪駅・三ノ宮駅・神戸駅・明石駅・西明石駅・加古川駅・姫路駅
車両:近ヒネ289系(6両編成)
車両構成:以下の通り
1号車(姫路方):グリーン車普通車指定席
2号車・3号車:普通車自由席
4号車~6号車:普通車指定席
本数:朝(姫路発大阪行き)、夜(大阪発姫路行き)それぞれ1本

今回、Aシート導入に先立って運行される「らくラクはりま」、果たしてこの列車はAシート導入の試金石となるのか、注目が集まります。

【阪急神戸線】神戸三宮駅の発車標が一部使用停止に。

阪急神戸線の神戸三宮駅では東口改札口付近の改修工事(駅ビル再建工事)の進行に伴い、改札口外のLED発車標とデジタル時計が一部使用停止になっています。
イメージ 1
イメージ 2
発車標の機能自体は既設の列車運行情報モニターに列車発車時刻、列車種別、行先、発車ホームの情報が表示されるようになっています。また、改札内の発車標はいつも通り動いています。

このままLED発車標が撤去されるのか、復活するのか、はたまた別タイプの発車標が現れるのか、謎が深まります。

【おまけ】
イメージ 3
山陽電気鉄道5000系リニューアル車(5702編成)

【JR四国】2700系がデビューへ、そして予讃線に新駅!?

イメージ 4
JR四国は11月26日、2件のプレスリリースを発表し2000系の置換車両となる「2700系」の完成と予讃線の新駅「南伊予駅」の設置を発表した。

「2700系」について

2700系は高徳線の2600系をベースとする特急型気動車で、土讃線の連続する急カーブに対応するため制御付自然振り子式の足回りを備えています。
イメージ 1
制御付自然振り子式はJR四国2000系で採用された車体傾斜方式で、カーブで遠心力の力を用いて車体を傾ける「自然振り子式」をベースに空気バネの力で傾斜角度、傾斜タイミングを調整、これにより振り遅れ、揺り戻しによる乗り心地低下を最小限に抑えています。
イメージ 2
後継車両として製造された2600系では、振り子式ではなく空気バネによる車体傾斜方式を採用し車両構造の簡素化を測ろうとしました。しかし、土讃線での試運転で「連続した急カーブで車体傾斜を行うにはCP(空気圧縮機)の性能が足りない」という致命的な問題が発生、土讃線の運用を担うには性能不足となり急遽同形式をベースに振り子式に回帰することになりました。最高時速はN2000系と同じ130キロ、量産先行車として2両編成2本が川崎重工業神戸工場で竣工することになります。

南伊予駅

イメージ 3
2020年春に開業を予定しているのが「南伊予駅」、松山駅の高架化工事に伴う松山車両所移転予定地付近に新設される。駅名由来は駅所在地の旧称(伊予郡旧南伊予村)から取られており、駅番号は「U02-1」とまるで高速道路のインターチェンジ番号みたいな付き方になります。

JR四国プレスリリース

【阪急宝塚線】7011編成がリニューアル入場。

イメージ 1
2018年11月26日、阪急宝塚線の7000系7011編成が正雀車庫・工場に入場回送されました。同日には7011編成のものと思われる制御装置類の機器類が取り外されていることからリニューアル工事に伴う入場と思われます。
ダイヤ改正前は10連通特(増結編成に女性専用車組込)の運用に就いていた7011編成、シールドビーム前照灯、未更新、ドアが旧タイプ、竣工時から8連、7000系8連編成では初のアルミ車という特徴多すぎなこの編成もついにリニューアルで生まれ変わることとなったようだ。

【画像】
阪急宝塚線、川西能勢口駅にて(ダイヤ改正前の通勤特急)

この記事に関するツイート
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-3)
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-2)
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-1)
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅