うっぴーな鉄ちゃんのblog(uppi_natettyanのblog:サブブログ)

このブログでは、旧yahooブログ「うっぴ〜な鉄ちゃん(https://blogs.yahoo.co.jp/upp_natettyan)」から記事を移行しています。なお、現在のブログ(http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/)記事を補足するサブブログとしても運用していく予定です・・・

September 2019

【2020年3月ダイヤ改正:列車解説】阿佐海岸鉄道『DMV』4

阿佐海岸鉄道では、既存の鉄道車両であるASA-100形(1992年に新潟鐵工所が製造した気動車で、すでに土佐くろしお鉄道が導入していたTKT-8000形をベースとしている。)、ASA-300形(1989年に高千穂鉄道が導入した新潟鐵工所製軽快気動車(16メートル級NDC)を2009年に無償で譲り受けた車両。)の老朽化置換を目的として、世界で初めて「DMV(デュアル・モード・ビーグル)」を正式導入する。

詳細記事:http://asatetu.com/archives/1979

この「DMV」というのは『陸軌車』と呼ばれる線路・道路の両方を走行可能な車両の一つであり、その中でも特に「旅客輸送」に特化した車両としてあげられている。
A329E633-B107-4309-B7C2-7193D2AB32FC
(阿佐海岸鉄道公式サイトより)
今回のDMV導入により、阿佐海岸鉄道では線路〜道路へ一体的な運用が可能となる。


2020年3月ダイヤ改正記事一覧:http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/daiya_2020SPRING



続きを読む

【隠岐汽船】台風直撃で大混乱(8月16日〜8月17日)。5

2019年台風10号は中国地方を縦断し、中国地方・四国地方の交通網を大きくかき乱した。瀬戸内側の混乱は凄まじかったが、日本海側でも同じことが起きていた。

台風10号が直撃したのは8月15日、台風のど真ん中が通過した島根県の隠岐諸島ではフェリーや高速船、航空便の全てが欠航した。8月16日に天候は回復したものの、「お盆ダイヤ期間」が終了するまでに1人でも多くの来島者を本州に帰還させるため、本州で足止めされている荷物や島民を島に運ぶため8月16日は臨時ダイヤをもって「隠岐汽船」は対応した。

【本来の夏ダイヤ】
隠岐汽船ではフェリーのダイヤ設定において、
・フェリー冬ダイヤ(フェリー3隻中2隻体制(1隻入渠)で運航)
・フェリー春・秋ダイヤ(フェリー3隻で運航)
・フェリーお盆ダイヤ(フェリー3隻で運航し、うち1隻は本州〜島後直行便2往復で運航) 
の3タイプが設定されています。通常のお盆ダイヤでは、
・系統1:西郷(島後)→島前1→境港、境港→島前3→西郷(フェリーしらしま)
・系統2:七類(松江)→島前1→西郷、西郷→島前2→七類(フェリーくにが)
・系統3:七類→西郷、西郷→七類、七類→西郷、西郷→七類(フェリーおき)
のダイヤが組まれています。

[凡例]
島前1:来居・別府・菱浦
島前2:別府・菱浦
島前3:別府

【8月14日〜17日の運航形態(高速船含む)】
[8月14日]
・系統1:朝の西郷発境港行きは運航、境港到着以後は欠航
・系統2・3:定期ダイヤ
・高速船:昼の西郷発別府経由七類行きまで運航、到着港を境港に変更し境港到着以後は欠航

[8月15日]
全系統:終日欠航

[8月16日]
・系統1:(境港→島前3→西郷:定期ダイヤ午後)
      ↪︎〈西郷→島前3→境港:臨時〉
・系統2:(七類→島前1→西郷:定期航路午前・遅2:00)
      ↪︎〈西郷→島前1→七類:航路変更・終着遅延2:25〉
・系統3:(定期航路・遅2:00) 
・高速船:終日欠航

[8月17日]
・系統1:〈境港→西郷(回送)〉以後定期ダイヤ
・系統2・3:定期ダイヤ
・高速船:〈境港→別府(回送)〉以後定期ダイヤ 

このような臨時ダイヤ・運航変更を実施しました。


この記事で使用している画像はいずれも西郷港にて撮影

C5AC7E64-3056-4533-B891-83B4904B6FBC
B947DCE2-6E9F-43FB-A2B3-E2D8EE144096
フェリーくにが(到着時刻16:00、出港時刻16時20分:通常定刻から120分遅れ)

8256E856-D460-4A27-AE35-A06A54CE9727


A1BBA16B-F759-4F7E-81D9-66C5B21F8C49
C052E606-FC6F-4B93-99C5-EB4197BEFE35
フェリーしらしま(入港時刻18:42、臨時便出港時刻18:50)

BA7EAF88-E53A-4880-9B68-BA898B6E087A
 

1025C447-05DB-4750-9918-2EC7C1377A6D
C8BE477B-2104-4392-A805-9FF14CDC3BAE
 フェリーおき(入港時刻19:10、出港時刻19:35、通常定刻より120分遅れ)

57ACA7F2-D48F-496A-A969-E0681E8386B5
フェリーしらしま(回送便入港時刻17日07:10) 

【解説】415系800番台・413系

413系と415系800番台、これらの形式は地方路線の電化・電車化を進めていく国鉄・JR西日本が、限られた予算の中から生み出された列車といえる。

管理記事:
     

北陸では東京圏や京阪神のような通勤型・近郊型電車による等間隔・高頻度運転(電車ダイヤ)による通勤・通学輸送ではなく客車列車を使用した不等間隔・低頻度運転(列車ダイヤ)が行われてきた。1980年代になると貨物輸送のトラック・航空機への一部移行や機関車そのものの強力化、貨物列車の「コンテナ列車化」による列車本数の減少などによって地方でも線路容量に余裕が発生した。一方でモータリゼーションの進展による渋滞の増加により、地方都市圏では自動車より定時運転に優れる鉄道が注目されるようになったことで地方でも「電車型ダイヤ」へのシフトが進むようになった。

【413系】
広島・岡山地区や長野・新潟地区では当時大量増備が進められていた115系が積極的に投入されたが北陸地区では新造車両が入ったわけではなかった。1985年に導入されたのは純粋な「近郊型」ではなく「急行型」の455系・475系や「特急型」583系を近郊型に改造した419系で。455・475系はデッキ付きでドアが車端部にあるため乗降に時間がかかり、419系はデッキこそないもののドアが小さすぎて乗降しずらい車両でした。当然このような列車では定時運転も詰め込みも効かない訳で・・・
実際、国鉄は165系を首都圏の幹線で「通勤ラッシュの普通」 に使用した結果乗客の暴動が発生したこともあり近郊型電車を早期に配備しなければならなくなった。しかし、その頃国鉄はお金がない・・・
・・・というわけですでに存在している417系の車体だけを作り機器類を455・475系から分取ってきて取り付けた電車・・・というのが413系である。
EA7DDE1E-B050-4790-AB8B-38E816DFF06F
413系は417系譲りの両開き2ドア・デッキなしの車体、車内はセミクロスシートと比較的詰め込みの利く構成となり北陸地区の輸送力強化に貢献した。現在は413系単独編成が9編成、455系クハを繋いだ編成が2編成あり、JR西日本に6編成、あいの風とやま鉄道に5編成が在籍している。
このうちあいの風とやま鉄道では1編成がイベント用列車「とやま絵巻」、1編成が観光列車「一万三千尺物語」用に改造されており、その他の編成は収容力の大きさを生かしラッシュ時間帯やイベント開催時に運用され、特にイベント開催時には2編成を繋いだ6両編成で走ることがある。

【415系800番台】
415系800番台が導入されたのは七尾線の電化工事に合わせて。北陸本線は交流電化である一方、七尾線はトンネルの幅が小さいため直流電化により電化された。ところが電化する費用はあっても車両を作るお金がJR西日本にはない・・・
・・・そこで、北近畿地区の特急を電車化するにあたり捻出した485系から交流機器だけを抜き取り、ほぼ同一車体である113系に取り付ける方法で車両を用意した。それが415系800番台である。
C456F128-32B0-4ED0-AAEB-CA502988DAE6
この車両は113系800番台(113系の中でも0番台を耐寒耐雪化した車両)とクハ111(とモハ112-0番台)を改造して製造されたもので、現時点ですでに55年物となった車両もある。現在は9編成(製造11編成)が残存しており、113系初期車の風貌を残しつつ七尾路の主力車両として活躍している。

【画像】2015年5月:いずれも北陸本線・金沢駅にて
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-3)
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-2)
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-1)
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅