うっぴーな鉄ちゃんのblog(uppi_natettyanのblog:サブブログ)

このブログでは、旧yahooブログ「うっぴ〜な鉄ちゃん(https://blogs.yahoo.co.jp/upp_natettyan)」から記事を移行しています。なお、現在のブログ(http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/)記事を補足するサブブログとしても運用していく予定です・・・

その他JR西日本各線

【2020年3月ダイヤ改正:解説編】WEST EXPRESS 銀河4

2020年3月ダイヤ改正・・・ではなく「ダイヤ改正のその後」に運転される新列車「WEST EXPRESS 銀河」について解説します。

『WEST EXPRESS 銀河』は、JR西日本が「Twilight Express MIZUKAZE」に続く新たな長距離観光列車として2018年4月に発表されたJR西日本の中期経営計画で正式に発表された。
「Twilight Express MIZUKAZE」が周遊型の『豪華寝台列車』であるのに対し、『WEST EXPRESS 銀河』は京阪神エリアから山陽・山陰へ直通する『長距離観光特急』となっている。

・イメージ
FA3CFCDD-3952-430E-8B8E-77FA995D03E6
使用車両は117系6両編成、前面種別幕は埋め込まれており『銀河』のヘッドマークが新たに取り付けられます。車体色は美しい空・海をイメージした「瑠璃紺色」1色の塗装となっています。
242BB20E-7282-4C9B-9363-16880F803227
※通常塗装は、現在存在している塗装として原色(JR東海:リニア・鉄道館所蔵)、京都地域色(JR西日本:吹田総合車両所京都支所)、山陽地域色(JR西日本:岡山電車区)の3色があり、現在は京都・滋賀エリア(湖西線・草津線)と岡山地区(山陽本線・赤穂線)で使用されている。
 
車両構成は1号車が「グリーン車指定席(ファーストシート)」、2号車が「普通車指定席(女性専用)・普通車指定席(クシェット:女性専用)」、3号車が「普通車指定席・普通車指定席(コンパートメント:ファミリーキャビン)・フリースペース(明星)」、4号車が「フリースペース(遊星)」、5号車が「普通車指定席(クシェット)」、6号車が「グリーン個室(プレミアルーム)・フリースペース(彗星)」となっており、団体貸切列車である「Twilight Express MIZUKAZE」とは異なり全ての座席で当日空きがあれば「みどりの窓口・みどりの券売機」で乗車券を購入することができる(予約についてもJR各社の乗車券に関する規則に基づいて販売される)。

・1号車:ファーストシート(グリーン車指定席)
2E77584A-0B1A-464F-8E00-7C6E4CB63C7C
1号車「ファーストシート」は16席の1人がけ固定ボックスシートが並んでいるが、実はこの車両の定員は8名。向かい合う2つの座席を一人で使用することにより広々とした空間を確保することができるほか、この座席は背もたれを倒すことにより1つのベッドを作ることができる「プルマン式寝台」構造を採用している。これによりある程度のプライバシーを確保しつつ足を延ばすことも可能である。

・2号車:クシェット(女性専用車)
18A27770-5734-45BA-B5AE-E6F6044E6850
2号車は「クシェット」と通常のリクライニングシート(普通車指定席)の合造車で、この車両最大の特徴は車両全体が女性の乗客専用となっていることにある。下関・出雲市方デッキ部分には女性用トイレと化粧室が備えられており、男性乗客の目を気にすることなく降車前にメイクを行うことが可能となっています。

・3号車:ファミリーキャビン(普通車個室)・明星
0E4B6FE0-EC09-48EE-A6A6-3034DF2D20D4
3号車は通常のリクライニングシート主体の客室で、グループで利用できる個室「ファミリーキャビン」と読書室のような落ち着いた雰囲気のフリースペース「明星」が備えられている。
リクライニングシートは683系などに設置されている「グリーン車」並のシートピッチを確保、足元がゆったりとした開放的な造りとなる。
「ファミリーキャビン」は、 床がフローリングとなっており、床でゴロンと横になるのもよし、シートで横になるのもよし、シートを広げて横になるのもよしとさまざまな利用方法を提供しています。

・4号車:遊星
304BDDDC-F471-4894-A45E-9153FF8D827A
4号車「遊星」は1両まるごとフリースペースとなっており、車内で思い思いの時間を過ごすことができます。特にこの列車では長時間の乗車を見込みしており、この車両では軽食・飲料等や特産品の販売など「おもてなし」のサービスを行うことが想定されている。
 
・5号車:クシェット(ノビノビ座席)
124AD31D-33C1-4168-8661-BDE51BDB7AAA
5号車「クシェット」では2段式の開放寝台のような座席を備えており、足を伸ばして利用することができる。 この車両には身障者対応座席が備えてあり、身障者対応トイレや幅の広い通路といった「車椅子など」でも利用しやすい工夫が備えられている。座席料金は「リクライニングシート」と同額なので昼行列車として乗車する際は「リクライニングシート」、夜行列車として乗車する場合は「クシェット」と乗車時間帯にあわせた座席のチョイスも可能と言えるだろう。

・6号車:プレミアルーム(グリーン個室)・彗星
D1FE11BC-9E64-44CA-87AA-211F4FA0C2B7
6号車は2名用個室4室と1名用個室1室の5室とフリースペース「彗星」で構成、グリーン個室では「ファミリーキャビン」以上のプライバシーが確保されており、室内自体を台形とすることで室内の窮屈さを感じることなくゆったりと利用することができる。ベンチの背もたれを倒すことでフルフラットシートを作ることができ、「ファミリーキャビン」や「クシェット」、「ファーストシート」同様に横になることも可能。「彗星」では運転室直後であることを生かし流れる景色を楽しむことができる。

【大まかな車両データ】
C8684320-1A93-4E2F-B65E-68C972196A99
 ※身障者対応席部分の形態により5号車の定員は18名〜20名となる
 
画像:117系実物の画像以外は全てJR西日本公式プレスリリースより抜粋
車両データ:JR西日本の公式プレスリリースの情報を基に算出

2020年3月ダイヤ改正記事一覧:http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/daiya_2020SPRING

本記事が補足する記事:http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/archives/21279493.html(JR西日本:中国エリア)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

【2020年3月ダイヤ改正:JR西日本・JR東日本】ICカード利用可能エリア拡大へ。4

2020年3月ダイヤ改正では、和歌山線・きのくに線・鹿島線の3路線で全国交通系ICカード乗車券の利用可能エリアが拡大される。また、常磐線でも不通区間(富岡駅〜浪江駅)の復旧にあわせてSuica「首都圏」「仙台」双方の運用範囲が拡大される。
05D51121-22CC-445C-A2D1-61E65CDC27F8

【拡大路線1:和歌山線】
和歌山線では、運用車両を227系に統一したことに伴い従来のIC乗車券非対応区間でのIC乗車券サービスの提供が可能となった。
対象エリア:五条駅〜和歌山駅
IC乗車券エリア:ICOCAエリア・PiTaPaポストペイエリア
利用方法:車載IC・駅改札方式

【拡大路線2:きのくに線】
きのくに線では、和歌山駅〜紀伊田辺駅間のIC乗車券未整備駅全駅にてIC乗車券サービスの利用が開始される。
対象エリア:海南駅〜紀伊田辺駅間のIC乗車券未整備駅全駅
IC乗車券エリア:ICOCAエリア
利用方法:駅改札方式

【対象路線3:鹿島線】
鹿島線では、全線(鹿島神宮駅〜鹿島サッカースタジアム駅間の鹿島臨海鉄道車両の列車を含む)でIC乗車券の利用が開始される。
対象エリア:十二橋駅〜鹿島サッカースタジアム駅
IC乗車券エリア:首都圏Suicaエリア
利用方法:駅改札方式 

【対象路線4:常磐線】
常磐線では、2011年に発生した東日本大震災に伴う不通区間の運転再開にあわせてSuica首都圏エリアと仙台エリア両方のエリア拡大を実施する。
対象エリア:いわき駅〜双葉駅(首都圏エリア)・小高駅〜原ノ町駅(仙台エリア)
IC乗車券エリア:首都圏Suicaエリア・仙台Suicaエリア
利用方法:駅改札方式
備考:エリア間をまたがって利用することはできない。 


[画像:ICOCA対応改札機(JR桜島駅のもの)]

2020年3月ダイヤ改正記事一覧:http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/daiya_2020SPRING 

京急・東京モノレールにおける駅名改称についてはこちらをご確認ください。


2019年10月1日に阪急・阪神・京阪・大阪モノレールの各線区で実施された駅名改称についてはこちらをご確認下さい。


PVアクセスランキング にほんブログ村 

【解説】415系800番台・413系

413系と415系800番台、これらの形式は地方路線の電化・電車化を進めていく国鉄・JR西日本が、限られた予算の中から生み出された列車といえる。

管理記事:
     

北陸では東京圏や京阪神のような通勤型・近郊型電車による等間隔・高頻度運転(電車ダイヤ)による通勤・通学輸送ではなく客車列車を使用した不等間隔・低頻度運転(列車ダイヤ)が行われてきた。1980年代になると貨物輸送のトラック・航空機への一部移行や機関車そのものの強力化、貨物列車の「コンテナ列車化」による列車本数の減少などによって地方でも線路容量に余裕が発生した。一方でモータリゼーションの進展による渋滞の増加により、地方都市圏では自動車より定時運転に優れる鉄道が注目されるようになったことで地方でも「電車型ダイヤ」へのシフトが進むようになった。

【413系】
広島・岡山地区や長野・新潟地区では当時大量増備が進められていた115系が積極的に投入されたが北陸地区では新造車両が入ったわけではなかった。1985年に導入されたのは純粋な「近郊型」ではなく「急行型」の455系・475系や「特急型」583系を近郊型に改造した419系で。455・475系はデッキ付きでドアが車端部にあるため乗降に時間がかかり、419系はデッキこそないもののドアが小さすぎて乗降しずらい車両でした。当然このような列車では定時運転も詰め込みも効かない訳で・・・
実際、国鉄は165系を首都圏の幹線で「通勤ラッシュの普通」 に使用した結果乗客の暴動が発生したこともあり近郊型電車を早期に配備しなければならなくなった。しかし、その頃国鉄はお金がない・・・
・・・というわけですでに存在している417系の車体だけを作り機器類を455・475系から分取ってきて取り付けた電車・・・というのが413系である。
EA7DDE1E-B050-4790-AB8B-38E816DFF06F
413系は417系譲りの両開き2ドア・デッキなしの車体、車内はセミクロスシートと比較的詰め込みの利く構成となり北陸地区の輸送力強化に貢献した。現在は413系単独編成が9編成、455系クハを繋いだ編成が2編成あり、JR西日本に6編成、あいの風とやま鉄道に5編成が在籍している。
このうちあいの風とやま鉄道では1編成がイベント用列車「とやま絵巻」、1編成が観光列車「一万三千尺物語」用に改造されており、その他の編成は収容力の大きさを生かしラッシュ時間帯やイベント開催時に運用され、特にイベント開催時には2編成を繋いだ6両編成で走ることがある。

【415系800番台】
415系800番台が導入されたのは七尾線の電化工事に合わせて。北陸本線は交流電化である一方、七尾線はトンネルの幅が小さいため直流電化により電化された。ところが電化する費用はあっても車両を作るお金がJR西日本にはない・・・
・・・そこで、北近畿地区の特急を電車化するにあたり捻出した485系から交流機器だけを抜き取り、ほぼ同一車体である113系に取り付ける方法で車両を用意した。それが415系800番台である。
C456F128-32B0-4ED0-AAEB-CA502988DAE6
この車両は113系800番台(113系の中でも0番台を耐寒耐雪化した車両)とクハ111(とモハ112-0番台)を改造して製造されたもので、現時点ですでに55年物となった車両もある。現在は9編成(製造11編成)が残存しており、113系初期車の風貌を残しつつ七尾路の主力車両として活躍している。

【画像】2015年5月:いずれも北陸本線・金沢駅にて

【大阪環状線】201系、6月7日に営業運転を終了へ。

JR西日本は5月10日、公式プレスリリースで大阪環状線・桜島線で運行されている201系(吹田総合車両所森ノ宮支所)の営業運転を終了すると発表した。これは森ノ宮支所向けに導入される323系が6月8日に導入を完了するためであり、6月7日の最終列車の運行終了をもって大阪環状線を周回する運用(O普通P普通、大和路快速、区間快速、直通快速、関空快速、紀州路快速)で使用される列車がすべて3ドア車両となる。
イメージ 1
大阪環状線の201系(画像のLB13編成は現在奈良支所のND622編成として活躍中)

イメージ 2
桜島線ラッピング車両として運行されている201系(画像はLB15編成)

これにより大阪環状線では今後ホームドア(3ドア車両用)の設置や行先別の乗車位置案内(大阪環状・桜島線普通環状・桜島方面行/大和路快速王寺方面行/関空・紀州路快速日根野方面行など)が加速していくこととなりそうです。


大阪環状線ではこれまで周回運用に使われる車両として通勤型・4ドアの72系、101系、103系、201系が活躍してきました。これらの車両は高度経済成長の時代の中で大量輸送を行える車両として重宝されてきましたが、関西国際空港の開業により関空快速が223系(近郊型・3ドア)で運行が開始されるといつしか大阪環状線は近郊型電車(主に大和路快速として使用される221系と関空・紀州路快速として使用される223・225系)の運行本数が大幅に増加、2013年に打ち出された「大阪環状線改造プロジェクト」でも車両のドア数についても検討された結果3ドア車両である323系(近郊型電車と設計を合わせることにより通常型のホームドアが設置可能となる)に置き換えられる結果となった。

画像:オレンジ201系は天王寺駅(2018年3月)、USJ仕様201系は安治川口駅(2018年12月)にて

【きのくに線】列車運行状況(14日16時30分現在)

イメージ 1
2019年4月14日06時54分ごろ、JR紀勢本線(きのくに線)御坊駅構内付近で発生した列車脱線事故の影響で、JR紀勢本線(きのくに線)印南駅~紀伊由良駅間が不通となっています。

事故概要

発生日時:2019年4月14日午前06時54分ごろ
場所:JR西日本紀勢本線御坊駅構内
事故種別:列車脱線事故(推定)
車両:JR西日本225系5000番台FH411編成
列車番号:回送列車(構内入換)
事故原因:未詳

現在の列車運行状況   ※(English・中文・한국)各言語対応

運転見合せ
JR紀勢本線:印南駅~紀伊由良駅

運転再開
JR紀勢本線:紀伊田辺駅~印南駅(同日午前09時50分ごろ)

運転再開見込み
未定(4月14日中の運転再開ができない可能性あり)

代行輸送:列車代行バス運行(情報あり)


According to JR West Japan, a train derailment accident occurred at the Gobo Station yard on the Kisei Main Line (Kinokuni Line) at 7:14 am, 4:19 pm.  Because of this accident, the Kisei Main Line (Kinokuni Line) is suspended between Innan Station and Kii Yura Station.  There is no prospect of resuming operation in this section.

JR 서일본에 따르면, 2019 년 4시 14 분 오전 7 시쯤 기세이 본선의 고보 역 구내에서 열차 탈선 사고가 발생했습니다.  이 사고 때문에 기세이 본선은 이나미 역 ~ 紀伊由良 역간에서 운전을 삼가고 있습니다.  이 구간의 운전 재개의 전망은 서 있지 않습니다.

据JR西日本报道,早上7点到凌晨4点14分,在紀勢干线的御坊站发生了火车脱轨事故。 由于这次事故,紀勢干线在印南站和紀伊由良站之间暂停行驶。 本节无法恢复?营。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-3)
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-2)
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-1)
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅