うっぴーな鉄ちゃんのblog(uppi_natettyanのblog:サブブログ)

このブログでは、旧yahooブログ「うっぴ〜な鉄ちゃん(https://blogs.yahoo.co.jp/upp_natettyan)」から記事を移行しています。なお、現在のブログ(http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/)記事を補足するサブブログとしても運用していく予定です・・・

車両解説、駅解説

【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-3)

2E1D0FA2-2845-483E-B98E-33A1F3E7D5F0

2021年3月のダイヤ改正では、JR北海道とJR東日本の管内で19駅がその役割を終え地図上から姿を消す。
第2・3記事目では宗谷本線で廃止となる全12駅のうち北側の6駅、そしてJR東日本の廃止駅の計7駅を解説する。

【JR東日本:赤岩駅】

駅名:赤岩(あかいわ:Akaiwa)
駅番号:未設定
所在地:福島県福島市大笹生字赤岩32
駅構造:地上駅(島式1面2線:待合室)
開業日:1899年5月(官営鉄道奥羽南線:信号場)
駅名由来:駅所在地最寄りの集落名

奥羽本線のなかでも、福島駅〜新庄駅間は通称「山形線」と呼ばれる区間であり、E3系新幹線電車をはじめとする在来線車体規格の新幹線車両・新幹線線路規格の在来線車両が使われている。1899年に板谷峠を貫通する鉄道路線が開業し、峠を超える列車の負担を減らすためのスイッチバック信号場として開設された赤岩駅は1910年の豪雨災害による不通区間の徒歩連絡駅として旅客営業を開始した。近年は駅周辺の集落が消滅し利用者すらいない状態が続いていたため2016年11月を最後に列車が1本も停車しない『休止駅』となっていました。

【JR北海道:宗谷本線】
[南美深駅]
駅名:南美深(みなみびふか:Minami-Bifuka)
駅番号:W-53
所在地:美深町字美深
駅構造:地上駅(単式1面1線:待合室)
開業日:1956年7月(国鉄:仮乗降場)
駅名由来:美深駅の南方にあることから

駅概要:1950年代の仮乗降場設置ラッシュに合わせて開設された駅で、駅前には緑色に塗装された鉄板?で外観を固められた待合室が設置されています。1日の列車本数は3.5往復、美深駅周辺とは異なり周辺は一面畑が広がっています。

[紋穂内駅]
駅名:紋穂内(もんぽない:Momponai)
駅番号:W-56
所在地:美深町字紋穂内
駅構造:地上駅(単式1面1線:車掌車改造駅舎)
開業日:1911年11月(鉄道院:一般駅)
駅名由来:アイヌ語(小さい野にある川)

駅概要:元々は貨物・荷物も取り扱う行き違い対応駅であり、ホームはしっかりとした造りとなっている。現在駅の前には国道40号線と接続する道道位しかないようですが、駅の近くには「青い星通信社」が運営しているホテルがあるようです。

[豊清水駅]
駅名:豊清水(とよしみず:Toyoshimizu)
駅番号:W-58
所在地:美深町字清水
駅構造:地上駅(島式1面2線:木造駅舎)
開業日:1946年10月(運輸省:仮乗降場)
駅名由来:駅近隣にあった2つの「清水集落」が豊かになるよう願い命名、「清水」はアイヌ語由来の河川名『ペペケナイ川』を日本語訳したもの

駅概要:宗谷本線の廃止予定駅では唯一の行き違い対応駅であり、駅舎は保線詰所を兼ねて設置されている。保線基地や継電連動機など運行上は重要な接続が揃う豊清水駅ですが、駅廃止後これらの設備はどうなってしまうのか気になるところです。

[安牛駅]
駅名:安牛(やすうし:Yasuushi)
駅番号:W-69
所在地:幌延町字開進
駅構造:地上駅(単式1面1線:車掌車改造駅舎)
開業日:1925年7月(鉄道省:一般駅)
駅名由来:アイヌ語(いつも魚をすくう所)

駅概要:かつて安牛の集落があった場所にポツンと存在する安牛駅、以前テレビ東京の「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ」でも『生活利用者がいない秘境駅』として取り上げられたことがあるくらいに駅の利用者はいないといいます。1950年代に制定された現在の地名「開進」の由来である『開拓を大いに促進する』はどこへと行ってしまったのか・・・

[上幌延駅]
駅名:上幌延(かみほろのべ:Kami-horonobe)
駅番号:W-71
所在地:幌延町字上幌延
駅構造:地上駅(単式1面1線:車掌車改造駅舎)
開業日:1925年7月(鉄道省:一般駅)
駅名由来:幌延駅よりも天塩川の上流部に位置していることから

駅概要:幌延町の中心市街地が幌延駅周辺に移るまでは上幌延駅周辺が幌延で最も栄えていたエリアであり、現在も駅前の民家に隣接して日本郵便の郵便ポストが設置されています。安牛駅と上幌延駅の間には「仮乗降場に由来する駅」と同様の構造をもつ南幌延駅があるのですが、両隣の駅である安牛駅・上幌延駅が『維持管理費用』を理由として廃止されるのとは対照的に『板張りホーム』であることや『両隣の駅間距離』から2駅の機能を代替できると判断され存続されると言うなんとも言えない結果に・・・。

[徳光駅]
駅名:徳光(とくみつ:Tokumitsu)
駅番号:W-75
所在地:豊富町字徳光
駅構造:地上駅(単式1面1線:待合室とトイレ)
開業日:1926年9月(鉄道省:一般駅)
駅名由来:元の地名は「福満(ふくみつ)」、同音の他駅と区別するために改名

駅概要:徳光駅は国道40号線に面している駅の1つではあるが宗谷本線はその先抜海方面へ、国道40号線は内陸部を経由して稚内市街地へと向かっていきます。この駅がある一帯は元々「福満」とよばれる地名でしたが、いざこの場所に駅を設置するとなって「ふくみつ」という駅名が既に鉄道省直轄の駅として存在していました。そのため駅所在地の地名そのものを変更してまで命名したのがこの『徳光』という地名なのである。
※1920年に鉄道省が中越鉄道を国有化した際に中越線(現在の城端線)として引き継いだ駅のひとつが「福光(ふくみつ)駅」である。


[画像イメージ]
JR北海道、北星駅の夜。

コメントを投稿される際は必ずご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/archives/22094005.html

鉄道コム 

【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-2)

95863563-3284-4C99-8622-0895E86041DF

2021年3月のダイヤ改正では、JR北海道とJR東日本の管内で19駅がその役割を終え地図上から姿を消す。
第2・3記事目では宗谷本線で廃止となる全12駅を6駅ずつ解説する。

[南比布駅]
駅名:南比布(みなみぴっぷ:Minami-Pippu)
駅番号:W-33
所在地:比布町南1線
駅構造:地上駅(単式1面1線:待合室)
開業日:1955年12月(国鉄:仮乗降場)
駅名由来:比布駅の南

駅概要:比布町市街地の南、幹線道路である国道40号線との交点に位置する小さな駅が南比布駅。国道沿いだから利用者が多い・・・という郊外の駅をイメージしかねないが、この駅周辺は国道のほかは田畑が広がる田園地帯そのものである。

[北比布駅]
駅名:北比布(きたぴっぷ:Kita-Pippu)
駅番号:W-35
所在地:比布町北5線
駅構造:地上駅(単式1面1線:待合室)
開業日:1955年12月(国鉄:仮乗降場)
駅名由来:比布駅の北

駅概要:生まれも見た目も名前も歴史も運命も南比布駅に近いな「北比布駅」、こちらも周辺は田畑しかありません。

[東六線駅]
駅名:東六線(ひがしろくせん:Higashi-Rokusen)
駅番号:W-39
所在地:剣淵町東町
駅構造:地上駅(単式1面1線:待合室)
開業日:1956年1月(国鉄:仮乗降場)
駅名由来:基線から東方6線にあることから

駅概要:鉄道防風林に囲われた場所にある東六線駅、駅名由来はまさに北海道らしいの一言に尽きます。待合室の駅名標は「東六線乗降場」、ちなみに国道40号に面した最寄りバス停、踏切名も「東6線」、川も「六線川」と『6線』がかなり印象的な感じでしょうか。

[北剣淵駅] 
駅名:北剣淵(きたけんぶち:Kita-Kembuchi)
駅番号:W-41
所在地:剣淵町藤本町
駅構造:地上駅(単式1面1線:待合室)
開業日:1959年11月(国鉄:仮乗降場)
駅名由来:剣淵駅の北、藤本町の「藤本」は人名(藤本本蔵という方からとられたもの)

駅概要:剣淵駅の北に位置する「北剣淵」駅は、開業当時から待合室はあるようなのですが駅名標が掲げられていません。一応道央道の北端である士別剣淵インターチェンジの近くにはありますが両隣の士別駅・剣淵駅の方が規模も利用者も多いためでしょうか・・・。

[下士別駅] 
駅名:下士別(しもしべつ:Shimo-Shibetsu)
駅番号:W-43
所在地:士別市下士別町
駅構造:地上駅(単式1面1線:待合室)
開業日:1955年12月(国鉄:仮乗降場)
駅名由来:「士別」からみて天塩川の下流に位置することから

駅概要:ほかの廃止予定駅と比べると待合室が立派に見えてしまう下士別(しもしべつ)駅、南へ進めば士別市の市街地があり住民も多いのですが川を挟むと一気にのどかな雰囲気に、自転車置き場があるってことはかつて利用者が多かったということでしょうか・・・。

[北星駅]
駅名:北星(ほくせい:Hokusei)
駅番号:W-50
所在地:名寄市智恵文北星
駅構造:地上駅(単式1面1線:待合室)
開業日:1959年11月(国鉄:旅客駅)
駅名由来:「名寄市の『北』側にあること」・「輝く『星』」の2文字をかけ合わせたもの

駅概要:駅利用者のほぼいない北星駅だが、その待合室には「毛織の北紡」という今はなき『北紡』の赤いホーロー看板が鎮座している。ある意味北海道らしい秘境駅だが、廃止後この看板がどうなるのか気になるところだ・・・。

[画像イメージ]
【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-1)のイメージ

 

【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-1)

95863563-3284-4C99-8622-0895E86041DF
2021年3月のダイヤ改正では、JR北海道とJR東日本の管内で18駅がその役割を終え地図上から姿を消す。


【函館本線】
[伊納駅]
駅名:伊納(いのう:Ino)
路線・駅番号:函館本線(A-26)
所在地:旭川市江丹別町春日
駅構造:地上駅(車掌車改造駅舎:方向別単式2面2線)
開業日:1900年5月(北海道官設鉄道:旅客扱開始) 
駅名由来:イヌンオペッ(魚期の仮小屋がある川:アイヌ語)

駅概要:1898年に開設された信号場が1900年に駅へと昇格して誕生した駅。もともと市立旭川北都商業高校の最寄り駅として1日あたり500人以上の利用者がいた。2011年の閉校後は利用者数が急激に減少し現在は1日あたりの利用者数が1人未満となっている。

【石北本線】
[北日ノ出駅]
駅名:北日ノ出(きたひので:Kita-Hinode)
路線・駅番号:石北本線(A-33)
所在地:旭川市東旭川町日ノ出
駅構造:地上駅(待合室:単式1面1線)
開業日:1960年5月(国鉄:仮乗降場として)
駅名由来:「日ノ出」の北

駅概要:直線距離では旭山動物園の最寄り駅(当然この駅から旭山動物園へのアクセス手段は存在しない)だが、利用者数は極端に少ない。コンクリートブロック造の待合室が特徴的な駅で市街地にも比較的近いものの、旭川方面からの始発が14時(正確には13時59分)と午前中の上川方面行きはすべて通過してしまうため通勤通学には向いていないような状態である。
※『日ノ出駅』は訓子府町日出にかつて存在した北海道ちほく高原鉄道の駅

[将軍山駅]
駅名:将軍山(しょうぐんざん:Shogunzan)
路線・駅番号:石北本線(A-36)
所在地:当麻町北星2区
駅構造:地上駅(待合室:単式1面1線) 
開業日:1960年5月(国鉄:仮乗降場として)
駅名由来:将軍山(「将軍」は明治時代に屯田兵の最高責任者であった永山武四郎陸軍少将にちなむ)

駅概要:こちらも上川方面行きの始発が14時台(北日ノ出駅の上川方面行き始発と同じ列車)、停車列車も10列車と普通列車ですら通過してしまう列車があるほど。周辺に住宅はあるが「農村のど真ん中にある小さな停留所」の典型例ともいえそうな・・・

[東雲駅]
駅名:東雲(とううん:Toun)
路線・駅番号:石北本線(A-42) 
所在地:上川町東雲
駅構造:地上駅(物置待合室:単式1面1線)
開業日:1960年5月(国鉄:仮乗降場として) 
駅名由来:所在地名から

駅概要:りんかい線(東京)・宮津線(京都丹後鉄道:京都)の東雲(しののめ)駅とは異なり 『とううん』とよぶ「東雲駅」はここだけ。近年整備し直したという待合室は中古の「TYストックハウス」を設置したものだが、2020年3月に地元上川町がこの駅の廃止を容認した。

[生野駅]
駅名:生野(いくの:Ikuno)
路線・駅番号:石北本線(A-52)
所在地:遠軽町生田原
駅構造:地上駅(駅舎なし:単式1面1線)
開業日:1946年12月(運輸省:仮乗降場として) 
駅名由来:生田原の野(一説)

テレビアニメ「NEW GAME!」11話に「辺境駅」という駅が登場したそうですがそのモデルとされるのがとこの駅です。現在の停車列車の本数は僅か3列車のみと文字どおりの「秘境駅」になっています。
※同一駅名:生野駅(JR西日本播但線) 

【釧網本線】
[南斜里駅]
駅名:南斜里(みなみしゃり:Minami-Shari)
路線・駅番号:釧網本線(B-70)
所在地:斜里町川上
駅構造:地上駅(駅舎なし:単式1面1線)
開業日:1962年12月(国鉄:新設駅)
駅名由来:斜里駅の南にある

駅概要:細岡駅とともに釧網本線内にある1日平均利用者数が1人未満の小さな駅、両隣の駅が市街地にある駅(利用者がそれなりにいる)・製糖工場の最寄り駅(JR貨物のオフレールステーションがある)ということもあり「快速」も止まりますが、この駅は普通列車ですら通過する列車があり、停車するのは6列車(しかも昼間は1本も止まらない)という他の廃止予定駅と同じような状態となっています・・・。

[表題イメージ]
北海道の典型的なローカル駅(貨車駅舎・朝礼台ホーム仕様) 

コメントを投稿される際は必ずご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/archives/22094005.html

鉄道コム 

【解説編】今年で60回、鉄道友の会「ローレル賞」5

1960年、鉄道友の会が「ブルーリボン賞」に続くかたちで鉄道車両に対し設定したのが『ローレル賞』である。この記事では鉄道友の会が設定した「ブルーリボン賞」と「ローレル賞」について紹介・解説する。
C41DE026-D9DA-45D2-BF74-8B1F3A250734
※この記事は「2020年鉄道友の会ブルーリボン賞・ローレル賞」関連記事の補足・解説記事として使用する予定の記事です。該当する記事については今後情報が入り次第記事化する予定です。

【ブルーリボン賞:元は『SE』のために設定された】
「ブルーリボン賞」は1958年に制定された鉄道車両に対する賞で、第1回受賞車両である小田急3000形「SE」以外は「鉄道友の会」会員の投票によって選出されている。
(ちなみに、小田急3000形「SE」は当時の狭軌最高速度を叩き出したことなどから「ブルーリボン賞の制度創設に貢献した車両」として鉄道友の会理事会が受賞を認定した)

【ローレル賞:元は「通勤型車両」のための賞だった】 
「ローレル賞」は、ブルーリボン賞受賞車両が各社の看板となる「特急型」車両に偏る傾向にあり、「技術面・先進性」で評価されるべき車両を評価するために創設された。そのため、初期の受賞車両は特急型よりもあまり目立たない「通勤型・近郊型」に集中していた。

現在では「ブルーリボン賞」の受賞候補となる車両から数車種を選出するかたちで「ローレル賞」が授与される。


【特筆摺べき『ブルーリボン賞』『ローレル賞』受賞車両】
[東海道新幹線:各車両]
・ブルーリボン賞:0系・500系・N700系
・ローレル賞:100系・300系・ 700系
世界初の高速鉄道「SHINKANSEN」こと「東海道新幹線」、この線路を走った営業用車両はすべて「ブルーリボン賞・ローレル賞」のいずれかを受賞している。
(ローレル賞受賞車両については、いずれも別の特急型車両が「ブルーリボン賞」を受賞しているため)
C852F947-EB20-4BF9-AA9F-D35F4758F6F5
JR西日本・JR東海が開発した700系、JR西日本では16両編成とともに「RailStar」として8両編成も導入した。2020年3月に東海地区からは姿を消すことが決まっている。

[小田急電鉄:「EXE」以外の『小田急ロマンスカー』]
・ブルーリボン賞:SE・NSE・LSE・HiSE・RSE・VSE・MSE・GSE
小田急電鉄の特急型電車「ロマンスカー」は、ブルーリボン賞の常連として知られ、「小田急ロマンスカー」がノミネートされた年は必ずと言っていいほどに『ブルーリボン賞』を受賞している。
(「EXE」も一般投票では最多得票を得ていたが、集計結果が「該当なし」票が上回ったとしてこの年のブルーリボン賞は選定されなかった。ただし、ローレル賞はJR北海道の「731系(JR北海道初の本格的な通勤型電車で、同時開発されたキハ201系と協調運転を行うことができる)」が受賞している。
D5010E24-D407-47D2-82D5-9F5866395E4A
小田急電鉄「ロマンスカー」、鉄道ファンの評価が低かったと言われている「EXE」だが、分割併合機構の搭載、一般型車両と同じ規格で作られたことによる定員増加などから「通勤・観光」2つの利用目的に対応した列車として「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞している。

[阪急2000系:現役最古の受賞車両]
・ローレル賞:2000系・2300系
・ブルーリボン賞:6300系
ローレル賞の制度は1961年に制定され、2020年で制定60周年を迎える。記念すべき第1回の受賞車両は「京阪神急行電鉄2000系・2300系」、この2形式のうち「2000系」の方は「ローレル賞」の創設60周年を迎えた2020年現在も『現役』で走っている。
ちなみに、ブルーリボン賞受賞車両でも「旅客を乗せて営業運転を行なっている」現役最古の受賞車両も阪急電鉄で現役である。(受賞車両で現役最古の車両(貨物用になっているものを含む)はEF66形電気機関車で、国鉄継承車で現役最後の1両である「EF66-27」が該当している)
F62004D1-835F-4501-BD2E-85ED97CB7E48
121D4FF0-7341-4DA9-BAD6-9E0C6A001F69
阪急2000系(現在の能勢電鉄1700系)と6300系。
その中でも「1734」と「1784」、「1737」の3両は1960年製でこのグループ最古参の車両である。
能勢電鉄1754編成の「1734」号は登場当時「2000」を名乗っており「Wikipediaの阪急2000系」のページにはこの車両につけられていた「ローレル賞記念プレート」の写真が掲載されている。
6300系は嵐山線用の3編成と観光特急「京とれいん」用の1編成が現役、仮に「EF66-27」が引退した場合は「ブルーリボン賞・ローレル賞」現役最古参(他社譲渡されていない・譲渡車でも同一グループ所属の場合)がともに「アルナ製・阪急車両」という状態になる。(ちなみに、ブルーリボン賞受賞車両で現役最古参(グループ外譲渡車も含む場合)は西武5000系→富山地方鉄道16010形となる)

[名鉄6000系:通勤型電車が初めてブルーリボン賞を受賞]
・ブルーリボン賞:7000系・キハ8000系・6000系・8800系
・ローレル賞:モ600形・100系・モ800形・2000系
CF93FBE3-A95A-4897-A430-B57E9C13544F
阪急6300系は「両開きドアを採用した初のブルーリボン賞受賞車両」であるのに対し純粋な『通勤型』車両では名古屋鉄道6000系が初受賞となった。同形式は従来の2ドア車両に代わり「通勤通学」に向いた3ドア車両として設計され、今の名鉄車両の基礎を作り上げた。名鉄の「ローレル賞」受賞車両には路面電車規格の車両も含まれており、このうちモ800形は路面電車区間の廃止後に豊橋鉄道・福井鉄道に譲渡されている(現在は製造された3両すべてが豊橋鉄道に在籍)。

【2020年3月ダイヤ改正:解説編】JR四国「志国土佐 時代の夜明けものがたり」4

JR四国では、2020年4月18日より新たな観光列車「志国土佐 時代(とき)の夜明けものがたり」の運転を開始する。この列車では運転時間帯により提供される食事等のサービスが変化する予定で、それぞれ「立志の抄」「開花の抄」と名付けられる。
5D23622E-A9A9-4098-8598-A1992B586797

[コンセプト]
・立志の抄(高知駅→土佐久礼駅・窪川駅:休日・7月以降の金曜昼間運転)
立志の抄、この列車は土佐が誇る幕末の偉人、坂本龍馬が『志』をもって土佐を旅立つ様子をイメージしており、四国内外から来た旅行客が最も利用しやすい時間帯に運転される。

・開花の抄(窪川駅・土佐久礼駅→高知駅:休日・7月以降の金曜夕方運転)
開花の抄、「日本の夜明け」文明開化とともに「立志」の対義語で偉業を成し遂げ凱旋する様子をイメージしたこの列車は、酒と食事を楽しみながら利用する事をコンセプトとしつつ、『土佐流のおもてなし』を提供する列車となっています。

[列車・サービス]
この列車は2両編成、それぞれにコンセプトがあり1号車は19世紀の蒸気船をイメージした「KUROFUNE」、2号車は現代・近未来のロケットをイメージした「SORAFUNE」と名付けられる。
77CF263F-1676-4EA0-A159-CEE3DD8EAEA5

 
F96C1EEC-C488-4122-8AB8-E72D6B79DD8A
車両は全席グリーン車指定席で、1号車「KUROFUNE」はグループ席(定員4名)4つと1名から利用可能でテーブルを囲むように配置された「高知家の団らんシート(定員12名)」の定員28名、2号車「SORAFUNE」は眺望を重視し窓側にむかって配置された19席(+車椅子席1席)が配置、団体貸切列車として運転する場合には要望に応じて「2両とも対面型、2両とも窓向き、1号車を窓向き・2号車を対面型」といった比較的自由に座席配置を設定することができる。
1号車には観光ガイド席が、2号車には物産や飲食物の購入も可能なカウンターを備えており、特に「開花の抄」では停車駅において地元の方々との交流も積極的に行うなど『土佐流のおもてなし』の実現を図っています。


[食事]
車内で提供される食事サービスは、昼食時間帯に運転される「立志の抄」と夕食時間帯に運転される「開花の抄」で異なるメニューを提供しており、「立志の抄」では土佐の郷土料理「皿鉢料理」をイメージした創作洋風料理が提供され、「開花の抄」では沿線各地の『自慢の逸品』を各駅で積み込み提供される。
・立志の抄『土佐の食材を使った創作洋風料理~皿鉢風~』
・開花の抄『高知家満喫 “土佐流のおもてなし”コース』

[料金]
料金は従来の「ものがたり」シリーズと同じくグリーン車指定席の特急料金が適用され、発売についてもJR特急同様に乗車日の1ヶ月前、10時00分から発売される。なお、食事サービスについては提供量を調整する関係上乗車日の4日前までに予約する必要がある。(両コースともに1名あたり税込5000円です)

この記事で解説している内容(JR四国ダイヤ改正)

2020年3月ダイヤ改正記事一覧:http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/daiya_2020SPRING
 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-3)
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-2)
  • 【2021年春ダイヤ改正】消える駅、生まれる駅(消える駅-1)
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅
  • 【駅に行ってみた】妙見の森ケーブル:黒川駅・山上駅